2015年03月23日

NDに乗ってきました。

週末2日間、北九州経由で山口県美祢に行って来ました。

旧美祢サーキットで今はマツダの所有でテストコースとして使われているそうです。

今回、全国各地で長い間やってるロードスタークラブと、各地ミーティングの主催者代表に、RCOJ事務局(&マツダさん)から新型試乗会の案内があり、交通費や宿泊代は自腹ですが山口県美祢市のマツダのテストコースにでかけてきました

RCOJで数年技術系のコラム書いてたのが認められたのでしょう、私にも声をかけていただきました。

声をかけて頂いてから終了するまで他言無用とのお達しがあったので静かにしてたんです(^_^;)

いっぱい書くことあるんだけどまず核心のNDについてです。

試乗はサーキットのコースではなく(これを聞いた時にはかなりがっかり)外周の新設した一般路っぽい周回路を2周するというもの、NA6の後期、NB8RS、NC、NDのSスペシャルパッケージのマニュアル、NDスペシャルパッケージのA/Tの順に2人一組ですが、一気にこの順でドライバーは変わらずに乗ります。

結果的にはサーキットコースでなく一般道に近い外周コースで大正解となります。

NAから時代を超えてNB、NCそしてNDと・・・

そりゃね、いろんな思いのあるクルマたちですから途中の感想は今回は抜きます。

NCに乗っている時に前を走っているNDが奏でる排気音がすごくいいのです。

私の中での4気筒最高の音はマキシムワークスのエキマニ+サクラムのマフラーのNCです。

そのエキゾーストノートに勝るとも劣らない音が聞こえてくるんです「コ〜〜〜〜ン〜〜〜〜〜」ッて感じで・・・

助手席のRock's山本さんと「うぉぉ〜」と喜び叫ぶ(笑)

初対面だった山本氏どうやらキャラクター的に私と似てたようで感動すると饒舌になり叫ぶ癖があるらしい(^_^;)

またね、曲がるときにね、斜め後方から観るロールをタップリしたプロポーションが艶っぽいのです。

いよいよNDのシートに納まる。

ドキドキを抑えられないまま前方を見ると両フェンダーの盛り上がりが目に飛び込むんです。

そしてドア内張り上方の色のついたところとフェンダーの盛り上がりが着座位置で一体になるんです。

この時点でまた2人でうぉ〜〜〜〜(^_^;)

シートはリフターは無いのだけど太ももの部分の下側に可変サポートが有ってそれが調整するとすごくいいんです。

私の座高だとやはり視線にルームミラーが来るのでシートは変えないとダメなんですが・・・

走りだすと軽めなステアリングがあれ?とも思いましたが、ステアリングレスポンスはNA重ステ。

インフォメーションも軽いながら手のひらから伝わってきます。<あとで聞いたら主査いわく「今考えられる世界最高のパワステシステム」

アクセルを開けていくとマツダとは思えないエンジンのスムーズさ(笑)

NB10リミの時にバランスエンジンと言われたものが今は普通として製造されているとのこと。

コーナーでは(制限速度80キロとか70キロとかコーナーごとに書いてあるんです)指定速度からのアクセルオフでタック・インを残したあるんです、NAみたいにヒラってするのです、NAはヒラッとした後リアがブレイクする危うさがあるのですがNDではそこは現代の車となっていました。

そして試乗記・・・楽しい楽しい楽しい・・・・・

マツダの人ってこんなことばっか考えてるんだろうな〜ってのが伝わる楽しさ!

とばして楽しくてゆっくり走っても楽しい、フル加速130キロ出しても楽しいし(笑)

1.5リッターミラーサイクルエンジンはNC2リッターにはさすがに負けるけど十分な速さとトルク感を持っています。

ちょっとクラッチの調子の悪かったNCよりはるかに出だし楽だし(笑)

そして乗り換えたA/Tですが、これなんでプレスは記事にしてないの?ってくらいすごいです。

トルコンなのにアクセルレスポンスがすごい!

靴の中で親指動かすとリアタイヤが反応するイメージです。

待ちをまったく感じさせないんです。

その上マニュアルモードではブレーキングすると1速落とすんです、ブリッピングとともに(笑)

以前私がアルファロメオ147のセレスピードに求めたことをここで出会えると思いませんでした。

忘れてましたけどサスの動きもヨーロッパ車の懐の深さが147に共通するものを感じていました。

ロールは大きいんだけどロールしきったところで姿勢を変えようとしても穏やかにそして奥深く反応する。

フロントがロールしてリアが手のひらの中で巻き込まれる感じ、フェンダーの盛り上がりの中でタイヤの向きが感じられる。

手をね、前ならえするじゃないですか、その手首の先がタイヤなイメージ(笑)

まあ上手く言えないんだけど動物的な感で大丈夫です(^_^;)

オートマからサス行っちゃって、文章がひっ散らかっちゃったけど・・・

総論として、マツダの人馬鹿です(笑)<良い意味で私達的に

今回の機会としてチーフデザイナーの「線一本でご飯3杯食べられます」的な話や主査の目標を達成するために理想を追い求め続ける姿勢の話を聞いたりすると、こんなクルマ好きな人が必死で作った車を素直に応援したくなりました。

もうみんな諸元表とか主要装備とか見てると思いますけど、Sは廉価版だと思うと大間違いです。

スタビ無いのは軽量化のつじつま合わせでなくリアサスをたっぷり動かしてオープンデフを使いこなしてLSDに進んで欲しい的はストーリーを熱く語ってくれるんだよ主査がね・・・

パーツ一つ一つに物語があってね参加者が指差すと話してくれるんです。

書いてみたけど、やっぱ文章じゃ無理だわ、続きは会った時に話します(^_^;)

作りたかったロードスターは1.5リットルだよきっと、2リッターも出さなきゃなんないのかもしれないけど、それは仕事で(笑)1.5が本気!

最後に唯一と言ってもいい写真(場内では携帯電話を預けて写真も禁止)
mine.jpg
手を広げてるのが山本主査です(笑)
posted by CEO at 10:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ND
この記事へのコメント
すごく伝わりました(笑)
Posted by おおやま ひろあき at 2015年03月23日 12:10
お久しぶり♪

じゃあ買おうか(笑)
Posted by いしい at 2015年03月23日 12:56
NAが潰れたら・・・ND買います。
Posted by NIKI at 2015年03月25日 00:22
NAとともに楽しむのもよろしいかと・・・
Posted by いしい at 2015年03月25日 08:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115569723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック