2017年04月05日

法の目

ロードスターを何年かナンバー切って寝かせておいて起こすなんて言うのはよくありますが、いまご入庫されているのがちょっと可愛そう。

基本的に同じ車で改造がなければ中古新規登録で、以前のデータが全て生かされます。

NAなら1トン以下の25200円の重量税になるわけです。

それを車高が落ちてると・・・

車検証の全高と実際の全高と相違が出てきます。

すると登録の際にすべての測られます。

大抵の場合は車重1トン超えてしまうのです。

NBクーペで1トン切った変態(笑)もいることはいますが、メーカーの型式認定と比べれば普通は重くなっていますからね・・・

それで登録すらば、ずっと重量税は37800円です。

その差2年で12,600円。

ちょっと痛いかな・・・

ノーマルの足回り付ければ問題ないわけです。

で、指定工場の我が社はノーマルに戻して同一性の確認が取れれば、群馬県車両を持ち込まないでもナンバーが取れるんです。<中古車販売のときだけですが・・・

他県だと陸運事務所の車検ラインには通さないですけど、封印だけはしてもらわなければならないので、車は持っていきますが・・・

そうか、販売じゃなければ(名義が一緒なら)封印をしてもらいに持ち込まなければならないんだから他県と同じか・・・

書いてて気がついた(汗)


チョットややこしい話なんでそんなことがある時は連絡ください。
posted by CEO at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179326032
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック