2012年10月12日

故障注意

何度かお伝えしているスパートルセンの不具合。

8万キロ走行の特に激しい走行をしている車ではありません。

本日トルセンだけ分解して取り替えようということで入庫しました。

分解していくと、すでに破片が回っていてリングギアに噛んだあとがあります。
ringg.JPG
中に破片が回りまくっています。

ベアリングも少し音がしていますが、ご要望でこのまま組むことに・・・

そしてスパートルセンを分解してみます。
trusencl.JPG
爪が片側4枚あったものが1枚もついていません。

破片は左右で8枚あるべきものが3枚しか出て来ませんでした。

デフオイル交換で2枚出てきていますから、あと3枚は消化されてしまったのだろうか(汗)
torukou.jpg
こんなかんじで4枚溝に入り少しの作動制限をしてくれるはずなんですが、強度が足りなかったのでしょうね・・・

最悪デフブロー可能性もありますのでNB4のスーパートルセンは注意してください。

posted by CEO at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59137873
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック